タクシー配車オペレーターの仕事内容

タクシー配車オペレーターとは、タクシー会社の社内で顧客からの配車依頼の電話を受け、それに基づいて適切な送迎の手配をする仕事です。90年代までは無線機と地図やホワイトボード等を駆使して車両の位置を把握し、道路事情を考慮して配車する必要があったため職人技が要求されましたが、近年では大宮などの都市部ではGPSを使った動態管理システムが導入されており、リアルタイムに高精度な車両の位置が把握できますし、コンピューターの操作で適切な配車を行えるようになっています。また、顧客情報もコンピューターで管理している会社も多く、電話の着信と同時に詳細な顧客情報を確認できるようにもなっています。そのため、以前に比べれば無線で車両と通話する頻度は減っていますが、交通事故の対応や顧客の忘れ物に対応するときなど無線の利用は不可欠なものとなっています。資格としては第3級陸上特殊無線技士以上が必要となっています。また、迅速で的確な配車や対応を行うためには大宮周辺の地理にも精通している必要があります。