英会話講師の仕事

昨今では塾や予備校は大手から個人経営のものまで幅が広く競争が激しいですが、そこでも英語を学ぶことはできます。にも関わらず何故塾や予備校でなく独立して英会話を選ぶかというと、言う間でもなく「喋るための英語」を身に付けさせたいと考えるからです。グローバル化が進み外人と接する機会が増えている今日で、日本人がいかに英語が苦手かということ、また将来英語が必要になることが多くなるであろうことが認識されつつあるからこその流れです。そんな中で求められることはとにかく実用性で、極論を言えば難しい文法を教える必要ありません。何故なら、文法も当然大事なことですが、それは主に学校で学ぶことができるからです。しかしそれだけでは十分ではないので英語を話す練習がしたいわけですから。そしてそのためにもう一つ大事なことは、生徒から英語への、さらに言えば失敗への恐れを取り除いてあげる事でしょう。会話と言っても、実用的なフレーズや発音を覚えるだけでは足りません。何故なら日本人が英語が話せない大きな理由の一つとして、自分の英語が通じないのではないか、これは間違っているのではないか、という怯えがあるからです。いくら表現や発音を知っていても、それを使うときに尻込みしてしまっては力を活かしきれません。常に完璧に話せる必要はないと知ってもらうことが、早い上達にもつながっていきます。