役所がアルバイトを募集することについて

最近では多くの自治体や中央官庁で非正規職員など正規職員以外の職員が多く採用されています。例えば、正規職員がしない簡易的な仕事などを非正規職員は行っています。そのようになった理由として、多くの自治体で人員削減を行う必要があるからです。例えば、これまでの不景気により企業や個人からの税収が少なくなったり、高齢化が進み年金や社会保障などの支出が増えたため、自治体全体の財務状況が圧迫されています。そのため、財政上の圧迫を減らすため、支出の削減を行う必要があるため、人員削減を行っています。特に正規職員の採用を減らしたりしており、そのために人件費の少ない非正規職員を大量に採用しています。これは、市や県といった基礎的な自治体のみの問題ではなく、国の官庁でも同様に抱えている問題といえます。大宮市役所でもこうした状況になっているといわれ、こうした自治体ではアルバイトなどの非正規雇用を多く雇用し、財政状況の改善を図っています。